teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

スレッド一覧

  1. ブランド N級 スーパーコピー販売(3)
  2. ブランドの専売店 激安【WWW.24-TOP.NET】!(0)
  3. 送料無料[2011人気新品入荷!!!](0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:7/895 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

年報への期待ー似非フェミニストの罪を思う(2)

 投稿者:灯(あかり)  投稿日:2013年 9月 2日(月)16時59分52秒
  通報 編集済
   西さんと窪田さんの女性学講座(とても勉強になり感謝しています)に伺った時、
「あなた方夫婦が、男性が外で働き、女性が家事育児をしているのは、幾通りもある健全な責任分担の形の一つ。私達の批判する”固定的な性役割分担”とは全く違う」と何度も言って下さいました。
 なのにFLCスタッフによれば、『似非フェミニスト』らしい、虐待母や妹に長年、洗脳され続け、飲み込みの悪い生徒で、恐縮ですが…。
 もし専業主婦家庭全般を、『女性達への暴力の温床となる』と断言されるなら、(これが『場合も多い』等なら全く反論しません)、「一部の健全な家庭への配慮不足では」、と疑問なのも本音です。
 それなら生家に限れば、虐待母も経済力を持ったことこそ、子への暴力の温床でした。しかも、そんな事実を言おうものなら、「女の足を引っ張る女」等と、袋叩きにされたでしょう。
 むろん愛娘達には、家庭に専念して欲しいとは全く思いません。相手に何かあった時のリスクが大き過ぎます。女性も一生、続けられる職を身につけるのが大原則とは、私も考えていますが。
 過去の年報に寄稿された佐藤紀子先生も、「家庭外でも働くことが必ずしも、女性解放とは限らない」事例を詳述しておられます。(無論、働く母親一般への批判では全くありません。)

 つくづく本当のフェミニズム、フェミニストとは何でしょうか?
 生家も妹夫婦も、所謂『髪結いとヒモ』的な共稼ぎ(くれぐれも『美容師の妻と専業主夫』の意ではありません)で、専業主婦を口先では批判しながら、本音では羨望・嫉妬し、劣等感を抱いています。
 辛苦の末に得た、天職とも思えた仕事を、虐待により奪われた私が、主婦業に適応する努力をすると、「良い夫と可愛い娘に恵まれ幸せなのに、いつまで過去の話を」と泣き喚く、虐待母と妹。
 確かに今の私自身は幸福です。が、祖母や私を犠牲に、男並みに稼げながら、足ることを知らぬ彼女達が、夫のような平凡な会社員との結婚、かくべつ学力抜群等はない娘達の育児に幸せを見出し、専業主婦の責任を果たせたか、大いに怪しいのです。「お義母さんや義妹さんのような女性なら、僕は結婚しなかった」と、夫も申します。
 村本さんも、「彼女達だって自分の自由と責任で選んだ結婚や出産じゃないの、ねえ」と呆れておられました。(もちろん夫婦仲や育児相談の一般論ではないと解釈しています。)
 けれど実は、姑の愛情や世話の不足に深く傷ついた夫との関係にも、大変な苦労をしました。その多くが、異文化で育ってきたが故の誤解で、話し合いにより解決できたことは、幸運だとは思いますが。
 虐待批判を、「何でも親のせいにするな」と中傷され続けた反動で、「夫は選べるから」と思い込み、信頼できるFLCスタッフにさえ本音は語れず、辛かったです。もし泣いて帰れる実家があれば、天職を虐待に奪われなければ、とうに離婚していたでしょう。
 将来、娘達が、家庭と仕事の両立に悩んだ時等に、母親として如何に手助けし、或いは突き放す必要があるでしょう?万人共通の正解はないでしょうが、年報からも学び、勉強してゆきたいと願います。  
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/895 《前のページ | 次のページ》
/895