teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


サヨナラ、J子ちゃん…(後編)

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 5月20日(日)13時46分54秒
  ジェイミス・ヴェンチェラレース(2012モデル)
ジョニが買ったはじめての「ロードバイク」…と言えるでしょう!!

クリテリウムやレースにも出たし、長距離ライドにも何度も…
自転車の楽しさを教えてくれた、最初の機体
先日の甥っ子との異種格闘技(自転車vsスクーター)で限界を覚えました

おさらばです(ToT)/~~
 
 

サヨナラ、J子ちゃん…(前編)

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 5月20日(日)11時56分47秒
  レーシングアルミ(7000番)は、決して悪い素材ではありません…

アルミだけに比較的安価だし(カーボンと比較)、軽いし、剛性は強いし…
ただ「できるだけ長く、同じ愛車(ロードバイク)に乗りたい」という人には
向いていない素材ではあると…

寿命はクロモリ(鉄)などと比較して長いものではなく、5,000kmも走れば動きが鈍くなり
20,000km辺りまでいくと、全然進まなくなる…とか(ToT)

「一瞬だけ、綺麗に咲き誇り、あっという間に散ってしまう」
それが、レーシングアルミという素材だとか…

素材には「疲労限度」というものがあり、
例えば、クロモリならその数値未満の力なら、どれだけの回数負荷を掛けても、
自然に治ります(この表現であってる?)
もちろん、数値以上の力を入れるとどんなものでも破損してしまいますが…

例えば、
HP100の勇者?(笑)がいたとして
クロモリは20までのダメージなら無効化できるスキルがありますが、
アルミ勇者には、それができません

敵の攻撃(振動)を何度も受けていると、クロモリ勇者は20までのダメージは
溜まりませんが、アルミ勇者は弱い攻撃でも確実に削られて行き
結局、短命に死んでしまいます(ToT)

さて、「カーボン勇者」!
攻撃力も防御力も高い次元で装備していますが、
〝コストがバカ高い〟〝クリティカル攻撃にかなり弱い〟
(紫外線に弱い…とか)

いったいどの勇者がいちばんなのだ!!?
(つづく)
 

おかげで

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 5月14日(月)21時06分36秒
  その、あまりの「設計思想のキッチリさ」…故に

苦労してるんですがねぇ(^_^;)
 

それにしても、

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 5月14日(月)21時02分0秒
  「シマノの技術力は世界一イィィィィ!!!」は、
もはや世界の常識(笑)

ここ最近、千円ぷらすαくらいの安価なパーツに触れていると
この値段でよくこのクオリティを提供できるなぁ…と
(そりゃ素材は重いけど)
他のメーカーがこの業界に参入したくても、並みの設計力や
並みの加工技術なんかではお話にならない…

青天井のズラ・エースを見ると、こんな金属のカタマリがなんで
数万~~十数万するんじゃい!!…と思いますが、逆に
千円ぷらすαくらいの値段で、なんでこんなに動くの?
…とも思います。

恐ろしいのは、千円ぷらすα~~~~ズラ・エースまで
全ての製品が「強度」「耐久性」「スムーズさ」…
他の世界メーカーと比較しても、頭二つは突出している!!
(デザインがイマイチ…とかいう意見はありますが)

しかも、王者の立場に慢心し守りに入るのではなく
常に進化を怠ろうとしない…

ホントに恐ろしいメーカーです
 

わかるんですよ…それは!

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 5月13日(日)09時56分23秒
  歩くスピード(個人的には5Km/h)を下回るなら
「押して歩くほうがラク(笑)」
もしくは路いっぱい使っての蛇行…

但馬にそこまでのコースは無かったと思うんだけど、
かなりのトラウマがあるので「保険」がどうしても欲しいんです
(それが28T!)
ジョニの11速はいちばんロー側で27T、(以上はリアディレーラーを要交換?)


実際、MTB用には「44/32/22T」なんてのがあって、
ヒルクライムレースで優勝の方はクランク22T固定で
リア11-25T(実際、スプロケが軽量)…とか

でも、それじゃ平坦&下りは走れない(爆)
そこで48-38-28Tあたりなら、けっこうイケるかも

↑コレが原点なのです(^^ゞ
 

一昔前は

 投稿者:りゃんちぇ  投稿日:2018年 5月12日(土)01時54分45秒
  山用ギアと言えばインナー39Tにスプロケ27Tでした。
それと比べれば現行105のインナー34Tにスプロケ32Tはありえないくらいに軽いです。
個人的にはインナー34Tならスプロケ25Tあれば十分だと思ってます。

34x32だとケイデンス60回しても8km/hくらいしか出ません。
ケイデンス30なら4km/h、人が歩く速度と一緒です。
もし4km/hも出せないような上りなら押して歩いた方が多分速いですw
 

やはり…というかなんというか

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 5月11日(金)19時28分43秒
  「ロードとMTBでは、コンポの規格が合わない」

J子では、なんとか付いていた3速用フロントディレーラーが
メリ子ではフレームに当たって、付ける事すらムリ…(爆)

しかも、11速仕様(専用シルテックチェーン)ではことさらシビアな調整が必要…とか
どうしたものか…

現時点でのシ○ノロードコンポでは、11速仕様で左(フロント)3速は皆無
どうしても3速STIを付けたいなら、9速Soraまで落とさなければならない
しかも、フロントがMTB用クランクなら合うかどうかは未知数…

せっかくの11速(105)をキッパリ捨てて、3×9速あたりで妥協するか
MTB用クランクを諦めるか…

(もしくは、山登り専用自転車を一から作るか…)

困った…。
 

さっそく入院…

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 5月11日(金)14時35分19秒
  ロード11速仕様で、バランスも取れている「メリ子ちゃん」を…
あえて、MTBクランク仕様にしてみます

ホロテクⅡ→スクエアテーパー(+MTBトリプルクランク)
実現すれば、実に33速(!!!)の変態自転車の完成!!

ところが…
(つづく)
 

結局

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 5月 8日(火)17時18分36秒
  …断念しました(爆)

ウチの大蔵大臣が
「どうせすぐ飽きてエエの欲しくなるんやろ!」
「ホンマに欲しい自転車なのか?」
「買うなら、お金貯めて好きなの買ったらエエやん」

…確かに(^_^;)
買うなら、J子ちゃんと同じ〝スプリントタイプ〟が欲しいだろうし
いいトシして〝○オン自転車〟ってのも…

まぁ、旧ティアグラ10速仕様で6まんえん…は破格とは思いますが
J子ちゃんの時みたく
「このフレームより走らない30まんのカーボンなんていくらでもある!」
(6年前の話)…というような殺し文句は……無い。

但馬の山はメリ子ちゃんで挑む事に…(^^ゞ
 

その名は、momentam(モーメンタム)

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 5月 5日(土)13時05分29秒
  近所のイオ○自転車で「特価」になってました!
どうせ、大量ママチャリの延長だろう…と思ってましたが
調べてみたところ…
上位機種になると、ジャイ○ント設計(諸説アリ)の6011フレームだったり
カーボンフォークだったり、ダイレクトマウントのディレーラーだったり…

ブランド力は皆無(笑)ですが、出どころのわからん中華チャリよりは
そこそこ信用できるかと…(あくまで上位機種の話)

安価だし、ガシガシいじって
傷いってもそんなに気にならんだろうし、安価だし…(^_^;)

特に今回のような〝変態用途〟にはうってつけ!!…かも
(激安イ○ン自転車で、ヨーロッパの高級ブランド自転車をカモる
…というのもちょっと面白そう♪)←実力があれば(爆)
 

体力の…限界!(by九重親方)

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 5月 5日(土)08時49分17秒
  …は、とっくの昔に過ぎているんだけど
「機体の限界」を感じています

先日の甥っ子との異種二輪対決で、そこそこガチで走った訳ですが…
J子ちゃん(7005フレーム)のカタさが気になります
特に荒れた路面の下りでは、振動がモロにきます(爆)

ジョニのフレームの中では最軽量の機体なんだけど
剛性の高さ、軽量さに反して「金属疲労」に極端に弱い…
確実に寿命が短い(ある説によるとカーボンより短い…とか)

鉄1号に続き、そろそろ退役時期かも…(-_-;)
 

甥っ子1号のりたろ(仮称)が…

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 5月 2日(水)15時45分55秒
  GWという事で、トキョーから帰省しておりまして
さっそくシカ王国→生駒まで、カル~~く行ってきました
(J子ちゃん改で)
片道約14Kmの山登り…往路、登り基調・復路、下り基調

のりたろ宅で、ひとしきり世間話
昼食を「近鉄富雄駅」界隈で取る事になって、駐車状況も鑑み
ジョニ=自転車、のりたろ=50ccスクーター
その後、シカ王国のジョニ宅まで2台の二輪対決…

まぁ、さすがに内燃機関相手では圧倒的に分が悪い自転車ですが
結果から申しますと、所要時間に「大差は無い」…と

登りでは勝負になりませんが、下り&平坦路ではそんなに遅れない
「おっさん、速いやん!」
「せやろ!!」…と、
この老齢になっても、甥っ子にカッコエエとこ見せようとムリする
ジジィ…(笑)

ところが…
(つづく)
 

ここ最近…

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 4月29日(日)20時23分35秒
  変態〝アトール改〟(J子ちゃん)
MTBトリプルクランクでテストを繰り返しています(^^ゞ

古い中空チェーン(10速用)も、こなれてきて
異音はかなり少なくなってきましたが…
どうしてもムリはあるので、たまにチェーンが外れたりします(爆)

J子ちゃんは、平地レース用のガチガチフレーム(アルミ7005)、
それに、もはや6年前のモデル…いつ寿命が来てもおかしくないかと
(「いくらガンダムと言えど、5年前の機体など~~~!!」)

んじゃ、黒メ○ダ使えばいいやん…とは思うんだけど
やっとの思いで11速化したのを、いまさらこんな〝変態〟用途では使いたくない

〝変態〟用途に相応しい、それでも
最終目的「但馬の山登り」に対応できる…
そんなイカれたフレームが…

(つづく)
 

「許さんぞ!小僧~~!!」byポセイダル(アマンダラ)

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 4月21日(土)03時37分35秒
  バーエンドにトリガータイプのMTB用3速シフターを装備!
左のSTIはブレーキのみの仕事に…

ワイヤーラインもそのまま流用
なんかもう、ますます〝変態〟自転車臭がプンプンと(笑)
「そのうち正常なシステム(ホロテク)に戻す」というのがあるのですが…

この左右非対称、アン・シンメトリー感(ついでにカスタム感)
重戦機エルガイムの物語の最後らへんに出てきた「アトール改」?

ノーマル機体を改造して、
他のヘビーメタル「オージェ」「グルーン」「アシュラテンプル」etc…
武器やシールドを強引に寄せ集めた〝変態〟ヘヴィメタル(笑)
(トシばれるな~~~~)
マクトミンのシュミがうかがえます(^_^;)


「今日から一生、人形になったオリビーの世話をみるのよ。
そして歳をとって死んでゆくのよ二人とも…。」byレッシィ

主人公が生き残る結末でも、ここまで残酷に描くとは流石は富野監督…
イデオン、ダンバインで「皆殺しの富野」だったのが
この作品では「生殺しの富野」といった所か…

(何の話だ?)
 

苦肉の策!!

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 4月20日(金)17時29分44秒
  〝左を制するものが山を制す〟←トリプルクランク(笑)

できるだけ右(旧105-リア10速)を変えずに、
左フロントをMTB用3速にできないものか?
厳密にいうと、チェーンラインがロードとMTBでは違うので
ムリっちゃあムリな話なのですが…

まずは、既存の左2速はキッパリ捨てます!!!

シクロ用左3速STIを購入する!>>けっこう高価いし、正確に機能するか未知数…
バーエンドシフターを購入し、左だけフリクション(無段階)仕様にする
>>現実性は高いが、けっこう高価いし、ワイヤー取り回しを一からやりなおし

「既存のシフトラインをそのままに、かつ、安価に3速化…」

その答えがコレ
 

最初は

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 4月20日(金)10時23分0秒
  それでもムリムリ使ってましたが、やはり2速は2速…
(しかも、ロード用)

なんとかMTB用3速の〝左〟を用意しないと
シ○ノには、そういうお客様用にシクロクロス(ロードとMTBの中間的?)
コンポも多数取り揃えています…しかし

★資金が無ぇ~~~(爆)

例えば、ロードコンポの最高峰
ズラ・エース(Dura-Ace)でフルセット20諭吉…
(電動はもっとします!)

ULTEGRAで10諭吉…
(電動はもっとします!)

MTB最高峰「XTR」だと…やっぱり20諭吉!
(電動はもっとするようです!)

いやいや、105~アルテあたりで、なんとか組んでるジョニに
そんな高額なコンポ、しかもMTB用など買える訳もなし!!
(そんなの狙ってませんケド)

困った…。
 

前回のつづき(笑)

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 4月17日(火)10時35分53秒
  …とまぁ、山登りにおいて「MTB用クランク」
の有用性を思い知る事となったジョニ(まだまだ素人?)

今年のコウノトリで使わない手は無いッツ!!(^O^)/

ここで判明した事実、
「ロードとMTBでは、おなじシ○ノでもコンポの規格が合わないので、混在はできない」
はて?クロスバイクとかあるじゃん…

それはロード(っぽい)フレームにMTB用コンポを付けてるだけ…
純ロードバイクのJ子やメリ子にクランクとBBを変更しただけでは
ムリヤリ付けたとしても、少なくてもフロント2速しか使えない
(他にも、チェーンラインが合わない、シフトワイヤーの引き幅が合わないetc…)

つまり、
38-28Tだと、山には強いが平坦・長距離には使えない(せめて50!)
48-38Tだと…コレじゃホロテクⅡ一式と一緒…というか、重量かなり重くなった分
後退してるやん!(爆)
よどみなく48~~28Tを使えないと…

いちばん単純な解決策は…
そう、「MTB用コンポを一式買う」という…
(つづく)
 

見せてもらおうか、MTB用クランクの実力とやらを!!(byシャア)

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 4月15日(日)06時33分17秒
  興味があるのは、フロント・インナー28Tのみ!(笑)
リアは従来の11-27T…(一切、手を加えていません)

まずは、シカ王国「梅の名所・月ヶ瀬」山登りで試してみました
いままで、フロント34T-リア27Tで激坂仕様になっていたんだけど
フロントが34→28になった効果は…

「登れる~~~~♪」

あきらかに、重量は重いが、回して軽い!
なんでコレを昨年のコウノトリで気が付かなかったんだチクショウ…
(トラウマ)

システムにまだまだ課題は山積なのですが、
一筋の光が見えた気がしてます…
 

タイトル「重いが、軽い」

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 4月14日(土)18時12分35秒
  下記のMTBユニットの重量は…かなり重い!!
J子ちゃんのホロテクⅡ一式と交換するのには勇気がいります
せっかく出ているセッティングを〝確実に〟崩す事になるでしょう

ロードバイクとしての汎用性…台無しになるのは確実
(ダブル→トリプルクランクになるのも逆行している気が)

それでも、試してみないと「新しい路」は見えない!!
…という訳で〝試作MTBトリプルクランク〟の完成です
(つづく)
 

MTB用の

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 4月14日(土)16時29分30秒
  48-38-28Tのトリプルクランクの存在を知り、
「コリャ試すしかない!」

48Tなら、そこそこの巡航もできそうだし、なにより
28Tなら、かなりの激坂を長時間登れる!(かも?)

多少の不具合を覚悟しても、コレは実現せねば…

最初から巨額を投資するのも、なんなので
とりあえずエントリーMTB用のトリプルクランク、Fディレーラー、
それにスクエアテーパーのBBを用意
(ジョニのおこずかいではこれ以上は限界が…(笑)

(つづく)
 

永年愛用してきた「ホローテックⅡ」を…

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 4月14日(土)16時12分35秒
  スクエアテーパー(四角の軸)タイプに戻してみました(^^ゞ
古くからあるBBのタイプで、今でもエントリーやママチャリ、
ピストなんかには多く使われていますが…

シマノのホロテクⅡ、カンパニョーロのウルトラトルクetc…
最新のBBの形式と比較すると、重量や剛性の面で大きく劣る…とか
(実際、かなり重い(爆)

なぜ、いまさらスクエアテーパー?

実は、今年も「コウノトリ・チャレンジライド」に出場が決まりまして
〝山を制するものがコウノトリを制す〟というのが教訓にあります
いろいろヒルクライムについて調べていると、優勝した選手や常連の方々の
自転車には見た事無いような「小さなクランク」が付いています
なにやら、MTB用のクランクを改造してまで付けている…とか!
(つづく)
 

それが

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 4月 5日(木)15時23分5秒
  …コレ(^^ゞ
 

「キャリアは自動車の一部である」

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 2月23日(金)06時20分35秒
  急速に加速する情報の中で、自然と調和するアウトドアアクティビティが
現在注目されています。街から自然へ、自然から街へ…
この二つの距離を身近につなぎ、快適なライフスタイルをサポートします
(某INN○より)

てな訳で、実に20年ぶりに「ベースキャリア」の復活です(^^ゞ
昔のスキーヤーのクルマには必ず付いていたのですが、最近では
一部の4WD以外に付いているのはかなり珍しいです

キャリアには各種アタッチメント、自転車、カヌー、カヤック…
巨大なルーフボックス、使い方は広がります

ジョニの場合、コレは「ある限定的な用途」のために付けたのですが…
 

ちなみに…

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 2月 1日(木)20時39分25秒
  彼の「初号機」がコレ(笑)
 

ハイ、二台目です(^^ゞ

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 2月 1日(木)20時32分4秒
  今回のは大型ヘッドレスト、5点式シートベルト…

通称「王様椅子」と呼称しています
(それでも、転倒したら危険な事にかわりはないです(^_^;)

コレに26インチのママチャリ(ノーマル)を組み合わせて、
「参号機」を造ろうと計画中…
 

再セットアップ直後のPCは…

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 1月17日(水)11時06分23秒
  カルいですぅ~~~♪  

パソコン話

 投稿者:ジョニ  投稿日:2018年 1月17日(水)09時54分45秒
  いちばん使用頻度の高いジョニ会社(?)仕事用PCなんですが、
1~2年ごとに「初期化」(再セットアップ)を行っております(^^ゞ

現状でも使えないことは無いのですが、数年も使ってますと
どうしてもプログラム等がぐちゃぐちゃしていき、不調の原因になってきます
PCは使っていると、どんどんゴミが溜まります…
目に見えるゴミは削除すればよいだけなのですが、普通だと触れないようなシステムの奥まで
ゴミが溜まっていき、その結果、動作が鈍く処理が遅くなっていきます…
これを、最初の(買った時のような)軽い状態に戻すのが「初期化」という作業です
(間違ってないよね?)

例えば、インストールとアンインストールを繰り返していると、レジストリというところに
設定情報のゴミがたまります…
このゴミがさまざまな場面でPC内に蓄積されて、悪影響を及ぼします
ツール等で除去もできますが、完全に除去はできません
(そして、いちいち面倒くさい)

そこで、数年に一度
初期状態に戻してPC内を大掃除する…というのは1つの手段であると(^^ゞ
(間違ってないよね?)

クルマ、バイク、自転車…
およそ機械というものは、「買ったばかりの新車状態」には戻れないものなのですが、
PCに関しては、ハードが壊れていないかぎり、限りなく新品に近づく事ができる
…という点において稀有な機械かなぁ…とも(^_^;)
 

ママチャリ考察(つづき)

 投稿者:ジョニ・ジジィ  投稿日:2018年 1月11日(木)16時37分6秒
  では、ロードバイク(700C)に幼児用座席を付ければ
理想的な「子供のせチャリ」が出来るんじゃないの?
(ちょっと前まで、ジョニもそう思ってました…)

「直進安定性」に関して、
これは、慣性モーメントという力がたくさん働く「大きなホイール」が優れています
スピードが速くなればなるほど、安定感が増します(やっぱロードバイク!)

反面、「加速性能(安定性)」…
発進時や、登坂時のペダルの軽さの事
これは、大きさ…というよりホイールの重量に比例しますので、軽い小径車が優れます
(あくまでギア比が一定の場合)

ロードバイクは長距離レース等においては、とても頼もしい存在!
軽く、薄く、余計なものをすべて排除してできている自転車の頂点!!(by金城主将)
速く長距離を走る際の疲れを軽減させ、私たちにたくさんの恩恵を与えてくれます
…ですが、「子供のせチャリ」資質は少ない

他にも「足つきの良さ」「積載力」「メンテのし易さ」(安価!!)…
この時点で、ロードバイクの選択はなくなりました(笑)

ママチャリ形状で24~~26インチ
このあたりが結論かなぁ…
 

ママチャリ考察

 投稿者:ジョニ・ジジィ  投稿日:2018年 1月11日(木)09時46分44秒
  とめどなく軽量化進み、人々がグラム単位の軽量化に大金をつぎ込み、
自転車レースの重量がUCI規定の6.8kgギリギリに張り付いている昨今、
あえて、「子供のせママチャリ」の理想形を模索しているジジィです(笑)

さて、道路交通法を調べたところ
「子供のせママチャリ」の条件を…
「運転者が16歳以上であること、かつ幼児(6歳未満)1人を乗車させること」
…とあります(具体的に、身長115cm以下 体重:20~22kg以下とか…)
もちろん、安全基準を満たす幼児用座席を装備した自転車である事は必須!

つまり、最高で22kg+約5Kg(幼児用座席)
約30Kgの加重が後部荷台にかかるとして…ここから理想のバランスを模索する訳です

ジョニおかん号・改「試作0号機」なのですが、
強度テストを相棒の協力を得て
(つまり、うしろに乗ってもらって)行ったところ…
・20インチ小径タイヤのため、走行中の安定感がない
・ハンドル幅を老人用に短くしているため、ハンドルがふらつく
・後ろ加重になりすぎると、やっぱりハンドルがふらつく…


…ロードバイク
「この形が、自転車でいちばん効率的かつ、ラクに移動できる」ということが
よくよくわかります。
(つづく)
 

ジジィの初夢♪

 投稿者:ジョニ・ジジィ  投稿日:2018年 1月 5日(金)17時31分21秒
  …子供用シート単体に載せて
さんざんあやしていたので、意外にスンナリ♪
(シートベルトをしようとすると、かなりグズります(笑)

初期の目的は達成されました!
(まだ押して散歩しているだけですが…)
 

新たなる挑戦!

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年12月30日(土)22時13分59秒
  健康のためジョニ母親に買った20インチ小径車なのですが…
「もう乗らない!」と断言しよりましたので、

チャイルドシートを付けて、くみくみ子供積載用にカスタムしてみました(^^ゞ
ギア比をよりロー側にして、スピードよりも安定性を主眼においております!
(…と言っても、自転車が危険な事にはかわりは無いです)

くみくみ一家が在住しているのが大阪・梅田界わい
(シカ王国からすると大都会!)
駐車場を借りるのも高額だし、そもそもクルマも持ってない…
現在はベビーカーを押しながら歩いて移動(もよりの駅まで)なんだけど
ゆくゆく、電動ママチャリ+子供用シートというのがセオリーになると!

まずは、ジョニおかん号改「子供積載用車」試作零号機を…
 

みどりチャン(鉄2号)

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年11月15日(水)17時25分52秒
  …若い衆に貸し与えているクロモリ自転車、

ビワイチのような平坦ロングライドには最適でしょう、
スピードに〝さえ〟乗れば矢の様にグングン進みます…
(コレで山登れ…と言われるとさすがに躊躇しますが(^_^;)

まぁとにかく、他人に自転車を貸す…というのは
いろいろとリスクがあります
「メカトラ(メカトラブル)でコケよったらどうしよう」
「9時30分出発だから、日没は越えるよな」
「最悪、彦根あたりでUターンして帰れば安全…」
「明日も早朝から仕事だし」etc…
いろいろ考えます(苦笑)

当日はチャリ二台整備して、箱バン用意して、若を迎えに行って、
琵琶湖まで自分が運転して、チャリ二台組んで
ウェアやヘル(アイウェアまで)貸して、先行して、スマホで道確認して…
夜間セッションで後方からライトで照らす
最期にメシ食わして、自宅まで送って行く…
(無事に送り届けてホッと一息)

…ちょっとまて!コレって接待ゴルフ!!?
しかも、ジョニが「接待」してる側やん!!

昔なら若いのが準備して、迎えに行って、運転して、道案内して、
先輩に楽しんでもらって、送って行く…
(先輩は金出すだけ!)ちゃうんかい?

ま、結婚式前に無事に終わってヨカッタ(^^ゞ
 

琵琶湖一周ロングライド

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年10月19日(木)16時25分48秒
  通称「ビワイチ」
(厳密に言うと、琵琶湖大橋から北湖一周160Kmなんだけど…(^^ゞ)

秋雨前線&台風の合間を狙って行ってきました(^O^)/
目標はとにかく「がんばらない」事!

「調子に乗って踏み込まない」
「ごぼう抜きじゃ~~!とか言って抜きまくらない」
「原チャリに勝負を挑まない(笑)」
「こまめに水分、ミネラル、カロリーを補給する」
「休憩時にストレッチする」
「完走が目的であることを忘れない」…

直線、飛ばしたい…気持ちをグッと抑えて
最後まで一定のペース&ケイデンスを高めに…

前回の但馬コウノトリで散々な結果に終わったワタクシメ
今回はそれなりに満足の結果に終わりました(^_^;)
 

現在…

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年10月13日(金)13時36分23秒
  現時点での軽自動車「最強」として挙がるのは、復活したアルトワークス!

1988年、550cc時代に登場して、大人気を博した初代モデルを
そのまま現代の技術で復刻させたようなコンセプト…
最新の装備を備えても初代モデルとほとんど変わらない600kg台の軽い車体…
間違いなく現在のホットハッチ代表でしょう
(パーツも豊富だし)
…ですが、エンジンは高回転型のK-6をF-6のロングストローク型に変更され
本来ならもっと元気なエンジンが出来た…はず

それだけは残念な気が:(´?ω?`):
 

歴代最強のKカーとは?

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年10月13日(金)10時30分40秒
  歴代最強の軽自動車は
「スバル・ヴィヴィオRX-R」
…であるとジョニは断言させていただきます!!

ビートやカプチーノ、AZ-1など…
当時キラ星のごとくKスポーツがありましたが
ヒイキ目無しに思うに…(スバリストでもないし)
まさに「歴代最強」のKカーでしょう!!
(実は、コレも元愛車(^^ゞ)

まずは、
「軽自動車で唯一WRCに参戦、しかもクラス優勝を遂げている」
という実績!!
しかも、最も過酷と言われている〝サファリラリー〟(1993年)

WRCを完走し、優勝する軽自動車など、これから先も絶対に現れない!!
ヴィヴィオは世界の自動車史(最も排気量の小さいクルマ)で語り継がれる
偉業を残したと言えるでしょう…

当時、コスト面で有利なトーションビームのカンタンな足回りだった国産Kに
あえて、「デュアルリンク式四輪ストラット」!!(インプレッサと同じ)
4気筒スーパーチャージャーエンジン、油圧式ステアリング…
(当時9.0の高圧縮比、9,000回転まで回るエンジン)

当時の富士重工業は、レオーネ時代に遅れをとっていた走行性能を
大挽回しようという気概に満ちていたこともあって、そのため
多少コストを度外視してでも採用されるケースが多かったとか…
現代ではどこのメーカーでもありえない、奇跡のような時代でしょう

まさにヴィヴィオRX-Rは
「初代インプレッサWRXの直4横置きバージョン(ミニ版)」
として開発された…とか
(つづく)
 

フォード・シェラについて(考察)

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年10月 1日(日)22時30分38秒
  シエラ(Sierra)は1982年、ドイツ・イギリスを中心としたフォード欧州 部門が生産した
中型ファミリーセダンで、ノーマル車両は当時でもダサ…(ゲフンゴフン)シンプルで
パッとしないフツーのクルマ(^_^;)
当時から、ファミリーカーはスペース的にFFが有利であり、旧態然としたFRのハッチパック
ショートホイールベースのデザインは販売面ではかなり苦戦したとか…
(日本には正規輸入すらしていない)

反面、レース素材としては非常に優れたパッケージで、
1985年、16バルブDOHCターボのコスワースエンジンを搭載してからは
世界中のロード、サーキット、ラリーetc…
レーシング4WD技術が確立していない当時、
間違いなく〝最強〟の量産車であったと記憶してます

当時、R-31のジョニからすると間違いなくライバル…というか
国産車軍団からみても最強のライバル!!
スカイライン(R-31)がコーナーで差しても、立ち上がりでまた離される
プースラが直線で抜いても、コーナーの突っ込みで差される…

コーナーでも直線でも速いこの憎っくき〝黒船〟をどうすれば倒せるのか…
心の日本国旗(笑)を振りながら応援したあの頃
若かった…(しみじみ)

30年経過した現在、
ジョニの心に残る「ぜひ乗ってみたい一台」なのですヨ(^^ゞ
 

今から30年も前…

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年 9月28日(木)21時34分22秒
  当時、FIAが定めたグループA規定に基づき
国内では「全日本ツーリングカー選手権」が行われておりました

当時、軽量ボディに大型シングルターボの
「フォードシェラ・RS500・コスワース」ってのが強くて、国産車は
辛酸なめていました(スタリオン、R-30、スープラetc…)

レースで戦うのに不利な大型ボディ(当時ハイソカーブーム)に
レース現場での車両規定ギリギリのチューンを施され
「R-31・GTS-R」が誕生
四輪操舵、ボールベアリング・セラミックターボ、可変スポイラーetc…
当時の最新技術を注ぎ込まれたこの機体、

一発の速さはあるものの、信頼性に欠け、ドライバーズチャンピオンは
長谷見&Aオロフソン組が獲得したものの、
メーカー部門のチャンピオンは依然シェラの「フォード」に…

この悔しさをバネに日産は〝無敵のR-32型GTR〟を誕生させ
レースはGTRの独壇場となり、GTRの敵はGTR…
ワンメイクのように面白くなくなったため
JGTC規格になり
(サニー・プリメーラ時代)←コレも乗ってた!
GTRは格上の純レーシングカーと戦うはめになった訳ですが…

それはともかく、前出のGTS-Rは「GTR」の名をもらえなかった
不遇の機体・ゲルググorマラサイなんだけど、とにかくカッコイイ♪
スカイラインの2ドアクーペってそれだけでカッコイイ♪
そして、ジョニの二代目の愛車な訳でして、ホイールは当時高価なBBS!
…が買えずに国産ホイール「WORK」のEWingを…
(それでも、当時それなりに高価)

それが、実に30年のときを経て帰ってきた訳です(^^ゞ
 

実は(その2)

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年 9月22日(金)13時44分53秒
  とある、レース関係者から安価で譲っていただいたもので、
一度耐久レースで戦ったものらしいです
(タイヤカスびっしり!)

オマケのホイール「WORK」もレースで使用したもので
https://www.work-wheels.co.jp/
とても良いモノです

通勤快速で使うのには、あまりにもオーバースペックすぎるのですが
「一度、RE-71を使う!」という目的は達成(笑)
 

実は

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年 9月22日(金)11時57分50秒
  既にジョニの手元にあるのです(^^ゞ
 

タイヤ話

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年 9月19日(火)21時56分8秒
  「POTENZA史上最速のストリートラジアル「RE-71R」(クルマ編)」

タイヤの重要性について、いまさら説明するのも…なのですが(笑)
世界最強(と言っても過言でない)タイヤメーカー=ブリヂストン

中でも〝最強・最速〟なのがPOTENZA REシリーズでして
(ブリヂストンのデュラエース…みたいな?)

今から30年も前、「フェラーリF40」「ポルシェ959」二台の
超スーパーカーに純正採用されたのが、POTENZA RE-71
当時、ワタクシのスカGに装着しようとして4本10まんえん超(!!!)のため
諦めた記憶が(^_^;)

それからREシリーズは進化を繰り返し、
現行のRE-11Aでは「一般路からサーキットまで実感できる楽しさと速さの追求」
…なんてのをコンセプトにしていたようです
(若者が、スポーツカーに乗らない不遇な時代…)

最新のRE-71Rを開発するにあたり、コンセプトは一転
「サーキットでのラップタイム短縮追求」←わかりやすい!
つまり
「圧倒的なDRY(ドライ)性能」
「サーキットのあらゆるシーンで発揮されるハイグリップ」
「ドライバーの感性と一致するステアリングフィール」
…ギンギンに尖がったものになりました!!

順番からいくと「RE-21」という案もあったとのこと
ただ、それでは中途半端なものになる可能性があり、徹底的に突き詰め、
世界最高性能でトップに立つためにも、あえて“RE-71”の名を冠した
「RE-71R」という製品が誕生した!!…とかなんとか
(つづく)
 

雨はともかく「台風」ですから…

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年 9月16日(土)18時09分19秒
  今朝、正式に中止が決定しました(ガックシ)
>>茶いくるライン

日本中で大勢のスポーツマン(&旅行者)が
さぞ残念がっている事でしょう…。
 

台風直撃?

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年 9月13日(水)18時40分45秒
  「ツアー・オブ・茶いくるラインin京都やましろ2017」
http://ochahaku.kyoto/event/detail.php?eid=94

9月17日(日)
わが「輪人部」のメンバーも参加するので、応援&ひやかしに行こうと思っているのですが…
台風直撃になる公算が高くなってきました!!

自転車競技において、
(しかも長距離)天候&路面状況はかなり重要なファクターになります
確か、昨年の但馬は終日「雨」だったような…(爆)

最近は大気の状態が不安定でもあるので、心配です
 

ふっかーーつ!!

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年 9月10日(日)09時38分25秒
  …あのトラウマ・ライドより一週間、
ようやく「にく」の痛みは取れました♪

以前より、太く・強く・しなやかに…
(なーんて、年齢を考えるとそれは無い?)

今なら、但馬の山も登れる!!(気がする)
「一週間くらい前に追い込んどけ!」
…コレが今年の結論。
 

翌日は

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年 9月 8日(金)03時51分39秒
  生まれたての子ジカのようにプルプルしてました…(笑)
 

お恥ずかしい…(^^ゞ

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年 9月 8日(金)03時48分15秒
  それにしても、昨年の若狭センチュリー(160Km)では獲得標高
2000m弱(今回より上)、虚弱なジョニが最終的にボロボロになるのは同じなのですが(笑)

それでも、昨年の印象は「最後の40Kmが辛かった!!」…なのです
すなわち120Km地点までは、なんとか走れていた(はず?)

今回は、序盤からその「最後の状態」…というのは
なんとも(^_^;)
あと、各関節や心拍に関してもそこまでのストレスはなかったのか?
「にく」だけが悲鳴を上げていた…という印象です(爆)

>>脚攣りの原因は水分不足、ミネラル不足、高強度…
塩タブレットは水分と一緒に摂取してました
高強度が原因とするなら、やはりスキル不足なんだろうなぁ(ガックシ)
 

いたたたた…

 投稿者:りゃんちぇ  投稿日:2017年 9月 7日(木)22時12分52秒
  完走おめでとうございます。

脚攣りの原因は水分不足、ミネラル不足、高強度のどれかです。
脚攣らせるとダメージでかいのでしっかりケアしてください。
 

反省点

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年 9月 7日(木)13時26分56秒
  まず、なんといっても練習不足・スキル不足!!
暖気運転もなしに、ほぼ全開…
最初の異常の時にケア不足
…やっぱりスキル不足!!!

反省点はいくらでも浮かぶんですが、
「6時間、激痛に耐えた」…というのは今まで無かったので
それなりに貴重な経験かと
(懸念していた右膝・左股関節の痛みは特に無かった?)
 

2017コウノトリチャレンジライドin 但馬

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年 9月 7日(木)13時21分43秒
  …結論から(^_^;)
自転車生活を始めてから5~6年、イベントにも何度か参加していますが
ジョニ史上「トラウマ・上位」の結果になりました(爆)

今回、一週間前くらいにあまり追い込むのもなんなので
(膝やら股関節に爆弾あるもので…)
「前準備なにもなし(新品)」状態で出走

それでも、昨年の若狭160Km(安産祈願)よりはずいぶんマシだろう♪と
但馬の山をナメてかかってました…

城崎温泉をスタートし、最初から山登りのコースで、
序盤から筋肉がピクピク
1/3時点の最頂点「神鍋高原」あたりで本格的に筋肉が痙攣…
(アシがつる…という状態)
何度かマッサージしてみるも、痙攣は一向に治まらず
マジでリタイヤしようと考えましたが、「せめて半分くらいは…」
「次のエイドで…」「80までは…」

結局、90Km超えたあたりでリタイヤもできず
終始アシがつった状態で最後まで走りました。
(つづく)
 

それにしても

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年 8月29日(火)19時17分29秒
  最近、イカ釣りの事ばかり考えていたもので
ぜんぜんトレーニングしてません(爆)

しかも、釣り船で大腿部をしこたま打ちつけていたので
(メチャ揺れた!)…不安いっぱい(爆)
 

ウチの近所で9月17日開催される

 投稿者:ジョニ  投稿日:2017年 8月29日(火)12時35分38秒
  「ツアーオブ・茶いくるラインin京都山城2017」
(一部、シカ王国も走ります)

…なんて
同じ120Kmで獲得標高2100m(!!)もあります

私は応援だけで、参加はしません
抹茶、苦手なもので…(^^ゞ
 

レンタル掲示板
/34